『パッララポッポー』

言葉が通じないとめちゃくちゃ思考停止状態に陥ってしまう。とにかくコミュニケーションがとれないと怖くて仕方ない。

恐怖心があると、見える景色も変わってくるようです。

56D609FD-08E4-4ADB-A48D-C9BADC8F6905

※バスの中はもはや多分イングリッシュじゃない(笑)だってバス止めるとき「パッララーポッポー」みたいなこた言ってるもん。

 

 

こっちが話せないと(あるいは聞き取れないと)すごく肩身が狭い思いで、すごく霧がかかったような景色に映るんだけど、相手の方からすると、なんてことない日常の景色で、そこに「話が通じないジャパニーズ」が現れただけの話。

ただそれだけの話なので、そんなにビビる必要なんてない。

 

 

分かっているけどビビってしまう(笑)

 

 

 

でも街のみなさんは、とても自由気ままに気持ち良さそうに過ごしていて、バスの中でも電話してる人や、隣には小さい声でずっと歌うたっている人がいる。

 

とにかく外に出れば人の声が溢れている。

 

それが楽しいので、これが聞き取れるようになって、コミュニケーションが取れるようになって、霧が晴れてきたらもっと楽しいだろうなとワクワクします。

 

 

 

この景色が私にとって何のストレスもない、自然な景色になる日は果たしてくるのでしょうか?

 

そしてバスの中でスマホをいじっていると(めちゃくちゃ揺れるので)めちゃくちゃ酔う。

この交通環境にも慣れる日は果たしてくるのでしょうか?

 

 

2FB4FF39-C8C3-431D-AEFB-BB62180C69F3

 

昨日で、1週間の野球スケジュールが終わりました。

毎日、選手たちはいろんなところで”ベースボール”をしています。

  • 街のレクリエーションチーム
  • 街の選抜チーム
  • クラブチーム

平日も休日も、子どもたちは練習に試合に飛びまくりです。

なんならサッカーやフットボールもやっている子もいます。

 

やりたければ、できるのです。

 

それがここの環境です。日本と大きく違うのは、”縛り”がないところでしょうか。

毎日練習に出なければならないなんてことはありませんし、試合も基本的に「来れる人たちでやる」。

この間の14-U の試合は8人でした。(ひとり足りない!)

 

ゲームのスケジュールも、相手チームとギリギリまで調整しながら日程を決めて、プレー。なんならその日でスケジュールも変わります。全てはニーズに対応するためです。

 

日本ではスケジュールの変更はあまり好まれないですね。

忙しい人も多いからかもしれません。

 

形はどっちでも構いませんが、選手第一で物事が進んでいくといいですよね。

大人の都合でガッチリとスケジューリングするのは子どものためではないと思います。

 

 

とりあえず毎日良い天気です!

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中