“カラオケパーティー”の謎が解けた!〜テスト終了 楽しんだもん勝ちの世界をつくる〜

英語学校レベル3の試験が今日で終了。1日目は筆記試験を受け、2日目の今日はひとりひとり廊下へ呼び出されてスピーキング。

 

そして、レベル3合格しました。

(学習内容は中学1〜2年程度?ま、英語は初期から挫折した自分には良いレベルです)

とにもかくにも、クラス入って1週間で終わってしまいました。このまま皆で来週から昇級です。

 

 

 

そして、先生が言っていた”カラオケパーティー”の謎が解けました。

 

 

 

その正体は、

 

“カラオケパーティー”

でした!!

 

たとえそこがいつもの教室であろうとも

 

機材がなくともそこに音楽が流れれば、

マイクがなくともみなが歌い始めれば、

そこに笑顔が集まれば、

 

それはもう立派な”カラオケパーティー“です。

5C16896F-FA65-48F9-B09C-2C1EE56F795C83B0CB1E-0674-484D-94F5-20AB589A6279FF0773DF-F9AE-4C07-BF4E-9CC675D6A5E9111FE63C-B706-462A-BA50-74C09E14D3F3C71D011A-B0F7-4A66-9E6D-ED9D975FD176

 

楽しんだもん勝ちの世界をつくる

 

私が日本に帰ってやりたいことは、野球を教えることでも、アカデミーを作ることでもなく、『環境』をつくることなので、アメリカで野球の環境を学ぶと同時に、こんな「勉強の環境」を学ぶことにもすごく面白みがあります。

 

 

根本にあるのは、「学び」は「好奇心」から始まり、継続は「楽しい」から生まれる。という考え。

 

その学ぶ題材が、主体的なもの(自ら学びたいと思ったもの)であろうと、受動的なもの(なんか知らんけど学ばなければならないとされるもの)であろうと、その学習の場を提供する側は、『なぜ⁉︎』という興味を与え、『面白い!』という価値を与えなければならないと思う。

 

別に野球が上手くなったらいいわけではなくて、みんなで野球の価値、はたまたスポーツ全般の価値を高めていくことの方が大事。

 

 

野球人口増加よりも、『スポーツ人口増加』に力を注いだ方がいい。

「”スポーツをする人”が、生涯の中でいくらか野球を選択してくれる時期を作ってくれる」ほうが結果的に大きなマネタイズにつながって、その元で本筋で野球をやる人を支援する。例えば独立チームの増加や給料の増額。

 

とにかく多くの人を取り込んでいきたいから、施設の充実はとても重要で、加えて、野球の”価値そのもの”を学んでほしいから、そういう学びの環境も選手には提供したい。

 

  • 大きなスクリーンでメジャーリーグ(別にNPBでもいいけど!)を流しながら練習するとか、
  • フィールドの脇を、様々な運動ができるスペースとして活用しておくとか、
  • 隣接したテラス席(2階)から練習風景を見渡せるカフェがあるとか、
  • 音響を充実させて、練習内容に応じて音楽でモチベーションコントロールするとか、

 

これら上記の内容は、野球アカデミー創設  第一段階の時点で掲げている案件です。

 

決して新しいことではないけど、これらを一手に作って、そして野球人だけでなく、たくさんの人を取り込めるように環境提供していく。

 

 

「面白いところに価値がある」ことを具現化したい。

そして「心から楽しんだもの勝ち」の世界に貢献したい。

 

 

 

苦しみ続けてきた人間も強いけど、最後は楽しみ続けた人間が勝つ世の中でありたい。

 

そうでないと、苦しむことが正当化されて、みんながそこから抜け出せないから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中