☆From now on

 

昨日、メトロポリタン帰りにバスステーションまで歩いている間、ほら、芸術に触れて頭が冴えている状態になって、全国を周る会についてアレコレ考えていました。

 

全国の旅は、とにかく特典をつけて、参加者が参加して良かった・得したと思えるようでなれけばなりません。

あくまで今回の懇親会はコミュニティ作りの一歩目にすぎず、今後アカデミー作りのために動き出すときの戦力にみなさんになってもらいたいのです。

特典も、別段いいお土産とかそういうんじゃなくて、もっとでっかく!アメリカに行ってここまでやったからこそ得られた特典を考えています!

FDA6DD30-5B80-40C9-A10B-2B2C48DFD4B3

 

その先には、本題のクラウドファンディング企画を検討しています。

それは今回のイベント参加のようなものではなく、アカデミー施設の創設資金の大半を稼ぐためです。

 

「野球の未来を本気でつくる」

誰かがやらなければなりません。

野球は近い将来、ほぼ間違いなく行き詰まるときがやってくると思う。

 

そのときに野球が滑らかに無くなっていく(マイナー化する)のか、または、新たなシステムで価値を存続できるのかは、私たち今の時代を生きるものたち次第です。

 

 

で、野球の将来を変えようと思う人たちは日本中にたくさんいて、僕が学生のとき10年弱くらい前の時には無かったような野球環境が少しずつ生まれているのも事実です。

 

それらの活動を応援する人にも、利点はいくらでもあって、“応援=成功の可能性が高まる=成功→同じことが違うところでも起こるようになる”

ようは同じような意志でアカデミー設立を考えていたら、同じような挑戦を考えている人を応援して見守ることで、ある程度見通しを立てることができるというわけだ。

90F9CDE9-169B-40FE-B503-DCA9DA6E3146

 

1人でアカデミー施設を建てることができません、すみません。

なので同じ意志の人が10人集まれば自己負担10分の1で済むかもしれないし、すでにもう私が挑戦できる場が整っているところがあるかもしれない。

そして超絶運良く「君やってよ」って言われるかもしれない。

 

とにかく自分の夢を語っていると、想像以上に身の回りに強力な力が発生して、追い風になっていってくれることを、アメリカに挑戦しに行って知った。

同じような目的同士つながるために、少し時間と労力を使って直接足を運んで、たくさんの人に会いに行こうと思う。

iro

 

今回の渡米の目的はひとまず最終地点、「コミュニティ作り」を目指しています。

 

11月にアメリカでの活動を終え、日本で全国を周りたくさんの人と会い、たくさんの人にアカデミー構想をぶつけ、賛同も批判も受けながら構想を具体化していけたらいいなと思っています。

 

どうかみなさんの力を貸してください!

 

ここから始まる未来に向けて動き出す、野球のカタチを創造していくー

 

From now on‼︎

拓斗が日本を周る会の案内はこちら!

13B91F66-780A-49F0-A6D9-400B400E515E

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中