伝えたいこと〜感動し続けた6ヶ月間を今〜

朝、7時になっても外はまだ薄暗く、ちょっと起きるのが憂鬱で、「ああもう10月になったんだもんな」と感慨深くなる。

太陽が高く昇り始めた4月にアメリカへやってきて、心地よい日差しの暑さを感じられる夏を過ごし、一気に陽(ひ)の短い季節がやってきた。

四季のうち三季を感じながら、こうしてアメリカで生活ができたことに、何にともなく感謝しかない。

 

自分の人生に、ありがとうと言いたい。

 

 

まだ、終わってないけど、本当に楽しかった、

 

 

本当に、来て良かった。

 

そしてここで出会えた人と、出くわした出来事の全てに、感謝する。

 

なんて素晴らしい毎日。

 

 

 

 

 

自分の価値をつくる旅

 

そう位置付けて、少なくとも自分の人生経験の中ではあり得なかった「外国を知る」というレールを敷いてみた。

 

意外と敷居は低くて、「行きたいなら行けるよ。行ってみたらいい。」と言われた気がした。同時に試されているような気もしたけど、”とりあえずやってみろ・やってみてから学べ”の精神が前面に出て、結果いろいろ失敗もあったけど、誰に止められることなく、現実的にこうして今ここに来れたから良かった。今は、本当に良かったと思う。

 

 

「仕事なんかやりがいがなかったら続けないよ」と社会人になったこともないうちから言い続け、それでも教員になって野球を教えられることに喜びと充実を感じた。

それはとても楽しい日々だったけど、もっともっと自分のやりたいことが溢れてしまって、それができない中、生徒を置き去りにして自分の夢や理想を抱くようになった。

 

「辞めよう」と思ったときは迷いは無かったなあ。

 

そのときすでに、私は周りにたくさんの「自由に生きる大人たち」がいることを知ってしまったから。

 

 

あー仕事って、なんでもあるんだ。

green grass field during sunset

 

私の友達にちょっとおかしな(そんな事言ったら怒られるかな?)元校長先生”O”がいて、彼は私をいろんなところへ連れて行ってくれたし、いろんな人に会わせてくれた。

正直、興味の無いものもたくさんあった。70過ぎのおじいさん達に囲まれて一緒にテーブルマジックショーを観覧しようと誘われたときには、「勘弁してくれ」とも思った。

でもそこに行ってみると、70歳のじいじ・ばあばの生き生きさに圧倒され、彼らを超絶プロフェッショナルな腕前と話術で楽しませるマジシャンたちに驚愕した。

 

福島の田舎の山奥に、亡くなったお父さんのアトリエを解放してお客さんを呼んで、お茶会とか生け花とか開催しながら優雅に暮らすマダムにも会った。その敷地の”空気感”に圧倒されて、「これが、仕事か。」って、目からウロコやら何やら汚れが全て落ちた気持ちだった。

 

『本物』に初めて意識を持って触れたような瞬間の日々だった。

 

本気で自分のやりたいことや、好きなことを”仕事”として成そうとしている人たちと間近で触れて、なんか、”働く”と”生きる”が、点と点が線でつながったような感覚だった。

 

 

いつも憧れるのは、そういう「自分の特性を最大限に発揮している人」だったのて、多分「教員を辞める」自分の選択には間違いはないなと思えた。

 

勤務校の校長先生は、辞めることを伝えたい私に「人生の分かれ道」の話をした。

『人生の選択の先はYの字になっていて、その時の選択で全く違う人生が待っている。

会う人も、必ず自分の選択した道に見合った人が待っている。

選んだ道で、会う人も、起こりうることもその通り変わってくる。』

引き止めるつもりで話してくれたこの言葉も、私の背中を押してくれた。

 

「そうだ。これから私が私の人生で会う人々は、ここにいる人たちじゃない。あの、私にとって輝いて見える、自分で仕事をつくり、自分の好きなことで生きていく人たちだ。」と。

 

 

 

 

そして渡ったアメリカ

たった6ヶ月の中で、どうだろう。

本当に、自分がどこかに居座っていたら決して手に入らなかった出会いや経験を得ることができた。

 

たくさんの”面白い人”と出会うことができた。

だってみんなで6時から呑んで時計がてっぺん回るまであっという間。みんなそれぞれの夢を語らい、「あんなことしたい、こんなこと始めたい」と騒ぐ熱は私もうかうかしてられないほど。

DBBA68B1-06BD-47F7-B040-8C1F83AE9AA1347476D1-34EB-4D25-8EF2-796CCB0E23490CDB4A25-4E2A-4DF9-950E-107195F62D258658D27D-7289-4802-8085-FD0E7A838DE6

そしてたくさんの人にこれから日本で会うことができる。

E4C7ED1C-EDA3-47C0-8ECE-62E4BEC675CF5215428D-6F1A-4C2B-82B7-8B15C99DB56B257BACDB-F37D-4373-A0EB-CB8CF7F907F0F60AB434-B812-476E-A756-CE76C1A2C31D

 

 

Yの字の私の選択の先には間違いなく、私の人生らしい景色が広がり始めた。

まだまだ道の先は茂みで見えないけど、やってみるしかないっしょ。

light road landscape nature

 

 

改めて、私が人に伝えられることは何か考える。

 

これはやっぱり”自分が感動したこと”に他ならないと思う。

感動した・とにかく楽しかったこのアメリカ生活6ヶ月を、多くの日本の人にシェアしたい。そして同時に、想像するだけでワクワクするような、これから少し先のアカデミー構想についてもシェアして、未来の”楽しい”を共有したい。

 

嘘なしのガチンコで、興味を抱かせられるかどうか、アカデミーを支援したいと思ってもらえるかどうかの勝負に出てきます!

 

 

日程ご報告・申込みはこちら‼︎

defocused image of lights

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中