練習の”効率性”を考える

img_1584

日本の草野球って意外とアツくて、結構みんな見た目と実力以上に一生懸命だったりします。

試合に負けると酒飲んで「いやー勝ちてーよなー!」と語り合い「やっぱ毎週集まってちゃんと練習しようぜ!」って、一致団結する。あれ、それ去年も言ってたよね。って冷めるのが私。いいんだ、それが楽しいんだから。っていう隣の友人。

 

“個人の時間”の大切さ

昨日は夜な夜な寝付けず、布団の中で”個人レッスンの習い場がいかに大事か”を考えてた。考えてたから寝付けなかった、が正しい。

その競技がどれだけチームスポーツと言われていようと、プレーする瞬間がひとりに託されていれば、それは個人スキルがものを言うわけで、そこを強くするためには「個人のスキルを磨く」こと以外に方法はない。

 

とりわけ野球は個人で完結できるプレーが多くを占めるので、8割くらい個人競技と言っても過言ではない。(いやちょっと遠慮した。ぶっちゃけ9割2分くらいは個人競技。)

例えばサッカーなら、いくらスピードの速いパスを出しても味方が追いつけないスピードなら、意味がないから、お互いの”連携”が必要になるが、野球においてお互いの連携を要するプレーは、1試合に数えるほどしかない。

だから野球でチームが強くなるためには個人のスキルを上げるに他ならなくて、個人のスキルを上げるためには、間違いなく“個人の時間”を設けることが必要。

だから「アカデミーで個人練習を請け負いますよ!充実したスタッフと用具と室内施設で!」ってなるんだけど、なかなかそれだけ言っても移行をするのは難しいと思う。

そもそも、この「個人の時間」と「全員の時間」を明確に分けるのが難しくてなかなかできない指導者も少なくない。

 

1日3時間の練習があったときに、果たして何時間が「個人の時間」として提供されているか。そして残酷ながら、9割2分が個人プレーの野球において、その3時間のうちの数十分が試合の結果の9割2分に通ずる練習なわけです。

 

「効率の良い練習」とはよく言ったもので、その中身は「移動を早くしてロスを少なくする」や「練習メニューを細分化して全員が活動するようにする」「空いている時間の使い方の意識を上げる」といったもの。

確かに、”意識”次第で自分で「個人の時間」を作り出すことはできる。

シートノックを受けている間にも、全ての打球を注意深く見ていたり、人のプレーを見てイメージを広げる選手は、それ自体が練習になる。

はい、、ここがまた「チーム依存」の日本スタイルの落とし穴。

私の嫌いな、”意識次第”というやつ。

「”意識”次第でどうにかなる」は、それができる人間またはそれをして欲しい側の人間の一方的な意見で全然優しくない。

私も高校時代は、チームメイトに言いまくってたな。当時は全然優しくなくて勝つことに必死だった。でもそこにフォーカスして「一生懸命意識レベルを上げて個人の能力を上げる時間をつくろう」とするのは、遠回り。

それで戦いに挑む相手(強豪私立校たち)は、充実したスタッフを構え、寮生活を営み、自分が練習したいときに、練習したい内容の専門家(コーチやOB)がわんさか居る中で練習ができて、言ってみりゃもともと俺らより上手い連中の集まり。

そんな相手に「やればできる」精神だけで挑んでた私たちは愚かで、ほんの数パーセントの勝算に、ほぼ神頼みで賭けていただけだと気づいたのは最近のこと。

“意識”に任せる根性スタイルからはできるだけ早く脱却して、その競技の特性を理解して時間をかける必要がある。

「個人の時間」を充実したうえで初めて、そこに携わるコーチの力量の差、選手自身の”意識”の差が意味を成すことになる。

 

だからここアメリカや周辺各国では、年齢が上がっていく中でも十分に選手のカースト(身分・ランク)の下克上が起こる。個人の練習の時間を大切にしているから、本当に一生懸命な選手や典型的な晩成型の選手がのちのち結果を出すのだ。

68B97142-8ADE-4E60-B77D-7174A88D7D2E

 

全体練習後の”自主練”。あれは「個人の時間」?

あれこそ”意識”次第の練習の典型。

 

選手時代は周りの人には絶対に負けないくらい自主練に汗水流してた自分だけど、それでもその時間での伸び率はたかが知れてる。

ここアメリカで見る、個人レッスンの30分に俺の2時間の自主練は遠く及ばない。それが事実ですよ本当に。

 

考えてみたら、俺の高校時代の「個人の練習」(「個人スキルを見つめて伸ばす時間」という意味で)の時間なんてあったんだろうか。。

 

 

「おーおーそこまで言うならうちのチームとタイアップして個人のスキル上げたらどうなるか、手組んでやろやないの!」っていうチーム、アカデミー構想の前身として、やりましょう!

 

結果を出す先に、新しい時代の創設が近づく。

もう草野球でもいいや。(いいや、は嘘ですよ。必要とあらばどこでも飛んでいきます!!)

img_1561

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中