チーム依存から脱却できるアメリカ野球

 

11月18日より、全国各地で『拓斗が返ってきたので心温かい人出迎えてください会』いわゆるアメリカ研修の帰国報告会をおこないます。

442B1768-0939-429A-8DA1-0E8C81C78E5E

日程もしっかり埋まってくれたので(まだまだ空きはありますがとりあえず暇ではなさそう)良かったと思うのも束の間、報告会の準備に取り掛かっています。

日程の確認は過去のブログに載せています。

日程報告   訂正版

 

 

とりあえず報告会は、ただ喋ったり、ただプレゼンしても面白くないと思って、「参加者が選択形式で話のテーマを決める」スタイルで行こうと思っています。

 

そのためのネタを作りに奮闘しているんだけど、なかなかイメージ通りに資料や動画を作れないし、なかなか厳しい。そんなのもトレーニングのひとつとしてやっています。気長に見てください。

誰だって最初は初心者。

できないことを失敗覚悟でやってみて、いずれもっとできるようになったらいい。

帰国報告会   参加申込み

 

チームの多様性

そんなこんなでこれから報告会までの10日あまり、こちらアメリカで学んできたことをまとめ的に発信していこうと思います。

 

「報告会の内容はこんなんですよー」っていう予告(予習)的な要素も込みで、当日参加できない人にもアメリカ野球のことをシェアしていきたいし、当日参加する方は、前もって内容を把握していただけていれば、より深い話ができると思います。

 


【アメリカ野球について】①チームの選択肢

 

私のアカデミー構想の大きなテーマになった『チーム依存からの脱却』は、特にここアメリカに来て考え方が広がった部分である。

アメリカの少年野球では、多くて3チームほどのチームに同時に属する。

 

ひとつは町が運営する「タウン」。

誰でも参加できて、平日や休日を利用してリーグ戦がおこなわれる。スターティングオーダーにも12人いれば12人全員が並ぶから打席がみんなに回ってくるし、守備の選手交代も自由なので、みんながプレー機会を与えられる。

「タウン」のチームは2つあって、誰でも参加できる「レクリエーション(以下:レク)」チームと、そこから選抜される「トラベル」チーム。つまり、レクで野球人口のすそ野をひろげ(初心者が参加可能かつ楽しめる)、トラベルで進展を図るような構図だ。

 

この2チームに加え、野球のレベルを上げたい選手たちが参加するのが、われらがROOKIESをはじめとする「クラブ」チームである。

WIN_20180615_20_51_01_Pro

多くのクラブチームが各地域にあって、コーチ(スタッフ)も、練習環境も、レベルも国籍も、チームによって様々で、ある程度選択する余地がある中で希望するチームに入る。

 

クラブのコーチはそれを生業にしている人や、少なくてもチーム指導においてお金をもらっているような人たちなので、よく勉強をしているし、責任感があるし、タウンチームにはない専門的要素が盛り込まれてきたりする。

タウンのコーチはダディコーチと呼ばれる「選手のお父さん」がボランティアでやっていたりするので、クラブとは明確に分かれる部分でもある。

 

何より素晴らしいのは、これらの選択肢が豊富かつ寛容(自由)なので、タウンの2つのチームとクラブをかけもちしたり、中には2つのクラブチームをかけもちしたりしてシーズンを過ごす選手たちが多い。

 

これぞ「チーム依存からの脱却」で、ひとつのチームに固執しないから、勝利にこだわってプレーしたり、指導者が選手に負担をかけたりすることを抑制できる。

コーチは勝ちたいと思っても、多くのチームを抱えている選手自身は、そこに執着しなくて済む。→そして勝ちに執着して選手を自分勝手に扱う指導者のところには、悪評がついて選手が集まらなくなる。

そういうスパイラルがあるから「プレイヤーファースト」の野球環境が実現されるのであって、日本の指導者の資質を問題視してつるし上げる前に、こうして今、野球のコーチングで食っていけない(ボランティアに頼っている)現状や、チーム(部活動)の中でしか活動できない現状を変えていくことの方がよっぽど必要なことであると、これはアメリカに来て学んだ部分である。

 

 

このシステム作りには、システム自体だけでなく、ひとりひとりの価値観の変容も必要で、「今日はこっち休んであっち行きます」とか「あっちでピッチャーやったんでこっちでピッチャーやれません」とかを当たり前に受け入れられる大人たちでなければならない。

 

「チーム依存からの脱却」は、選手にとってだけでなく、コーチたちにとっても大きな影響を与えることになるだろうし、アカデミーが生きていくためのひとつの道なのだ。

アカデミーが、チームとチームを結び、選手と選手を結び、そしてコーチとコーチを結ぶ役割を果たす。

最近は「日本の野球のコーチを全員つなげたい」がひとつのテーマです。だから全国で帰国報告会。

 

あー今日もパソコンとスマホをいったりきたり。

早いとこ動画アップしたい!!!

86516B08-CCBB-4DF6-819C-81F9707FF62C

 

 


11月6日、報告会プロモついに完成!

(完全自作なのでクオリティはこれで勘弁してください)

感想、宣伝してください。見てワクワクした人は他人にもシェアしてください!(こらがアメリカの様子だよ」って!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中