アメリカ式のチームマネジメントを日本に落とし込む方法

全員参加型少人数制ゲーム』のマネジメント

 

毎日、レッスンの終了と呑み会。

本当に楽しいし、寂しいし、もう充実しすぎた6ヶ月をここで感じまくってます。

84CB50B0-8D2B-42BC-B162-6C960FDB154F33E5E543-4E03-4B1A-9F57-607B8B53B6076E653B5C-5B5A-43EB-B8CE-BF53EBEBA54C

有効なチームマネジメントとは

アメリカの野球環境は何をおいても、『誰もが楽しめるように』というスタンスが強い。

 

それは決して綺麗事や理想で言ってるのではなくて、野球チームに入ることやゲーム(試合)に参加することが”ビジネス”と結びつくので、少しでもお客さん(選手)を楽しませて、「野球を続けてもらうこと・チームに参加してもらうこと」がコーチたちの仕事(ビジネス)であるから。

『楽しませる』の方法はチームやコーチによって様々で、伸び伸びやりたいようにプレーさせることもそうだし、高いレベルを維持してチームをブランディングするのもありだ。

ただひとつ、こうして選手にとってチーム・コーチの選択肢が豊富になると、強いチームに入りたい子も、強くないチームで伸び伸びやりたい子も、共通して大事なことが出来てくる。それは『自分が必要とされていないチームには居続けない』ということである。

自分が必要とされていなければ(そう思わせるコーチングをされれば)違うチームに入ることが賢明だし、シーズンごとにチームが結成・解散されるアメリカの野球環境では、ごく当たり前にそれが選択できる。

“必要”と感じさせるためには、「出番がある」がとても(最も)大切なことで、出番がない=チームに必要とされていないーだからコーチはとにかく選手ひとりひとりに出番を作る。

そして「出番がある」こそが選手の楽しみであり、何より選手の”成長”になる。(それは今回のROOKIES 9-Uコーチングで選手の”成長”を感じれて実感したところ。やっぱり成長には実践経験は不可欠!)

4B26500C-D665-42A4-91F8-3F7E524322B0

で、じゃあ全員に出場機会を!と考えたときに、何十人もゲームに出られないほどの選手数を持つことは全くもってマイナスなので、各チームとも”少人数制”をとることになる。(必ず全員が試合に集まるわけではないので、ある程度余裕持って12~13人/チーム)

とにかく『みんなを楽しませる』というところから『みんなに出場機会を与える』が根本で、イコール”少人数制”に行き着くわけで、それこそコーチング(いやマネジメント?)重要な観点だ。

 

思えば200人いる野球部に所属していた大学時代。そこにコーチが2人とかで、「キャパオーバーだろアホ〜」ということを学んだ。

 

コーチ数とゲーム数(実践経験の場数)を担えない人数まで選手を担わない。

これ鉄則。

 

“全員参加型少人数制”  日本での実現には

ちょっと話を深掘りしていくと、「じゃあ日本で実際に少人数制全員参加型は可能?」と言われると、”部活動(学校)”と”チーム”が分割されていない以上、実現は難しいと思っている。

部活動である以上人数を制限することはできないし、10数人単位で動かそうと思ってもそれだけのスタッフ・コーチを確保できない。

だからアカデミーとの連携が役に立つ!

 

部活動だけで”少人数制”を実現するのは難しくて、そこにアカデミーが連携して、チームで請け負えない分(実践に出す機会の圧倒的に少ない選手)をアカデミーが請け負ってゲームプランニングするという方法を実現したい。

スタッフの配置も、ゲームのスケジューリングも、各チームへのフィードバックもアカデミーが行うことで、チームをサポート(選手の満足度を増やすこと)ができるんじゃないかと思うわけです。

まさにアメリカで見て学んだことを、日本で日本の形に合わせて実現する仕組みを取ること。

 

だれか(高校の先生)「それ面白い!」って思ってくれる人いないかな?

いろんな壁は賛同者が集まったあとにいくらでも飛び越えてやる。

野球の未来のために遠慮は捨てた!!

 

以上、『アメリカ式チームマネジメントを日本に落とし込む方法』です。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中